少人数で行う結婚式のメリットとは?

結婚式は大きいほうが好きですか?小さいほうが好きですか?

結婚式の形式や開催する場所の変化

少し前までは、結婚式場が用意した数種類のプランから、招待客の数や両家の格などに応じて、選んで式をあげる、という事が一般的でした。 しかし、昨今は「こうあるべき」に囚われず自分たちが「こうしたい」を大事にし、それぞれの価値観で「自分達らしい」式を挙げる方が増えてきています。

少人数で行う結婚式はどんなメリットがあるのでしょうか

経済的な理由で費用をできるだけ抑えたい、本当に仲の良い方だけを招待したい(余計な気を使いたくない)などの理由から、30人程度の招待客で結婚式を企画する方が増えています。 一般的な100人規模の結婚式と比べて、どの様なメリット、デメリットがあるのでしょうか。

少人数参加でも寂しくならない演出

少人数の結婚式だからこそ、心からのおもてなしができるという反面、人数が少ないため、寂しい感じがする、という印象を持たれる招待客の方もいらっしゃいます。 折角のアットホームな結婚式を寂しい感じにしないため、少ない人数だからこそできる演出についてまとめてみました。

もとめられる「自分達らしさ」

今でも、地方の「家」や「格」を大切にする地域の方などは、招待客の数や式場の格などに拘って結婚式および披露宴を行う方もいらっしゃいますが、傾向としては、自分たちの価値観で場所も招待客も選ぶ、という流れになってきています。
神前式、仏前式、教会式などの従来の式に加えて、披露宴と一体になった「人前式」というスタイルが確立されてきたのは記憶に新しいと思います。
人前式が普及したことで、よりカジュアルな「レストランウエディング」なども生まれ、珍しいもので、キャンプ場でロックフェスのような式を挙げる方や美術館や水族館を借り切って行う方もいらっしゃるそうです。
会社での人間関係の在り方も変化しているため、式の前に上司に婚約者を連れて報告、などの事もめっきり減ってきています。
結婚式、披露宴が、会社の上司や一族への披露の場であるというより、より親しい人たちと、楽しみながら一緒に祝う、という形式に代わってきているのです。
もともと、結婚式は、お金をかけようとすればいくらでもかけられるものです。
選択肢、自由度が広がってきていることで、「年を取ってからの結婚なので、式や披露宴は恥ずかしいから」や「式場を借りてするほど予算が無いから」などの理由で結婚式自体を行うか迷っている方が一歩踏み出しやすくなっています。
結婚式を行って「やって良かった」とおっしゃる方の方が圧倒的に多いといいます。
先ずは相談してみることを始めてみてはいかがでしょうか。