少人数で行う結婚式のメリットとは?

結婚式は大きいほうが好きですか?小さいほうが好きですか?

結婚式の形式や開催する場所の変化

「あるべき婚」は「ありのまま婚」へ

以前は、結婚とは家同士の結びつきだといわれていました。
新郎新婦の両家が協力して行う最初の仕事として、結婚式(披露宴)で招待客を全力でもてなす、というのが当たり前でした。
両家の結びつきを知らしめる行事ですので、招待客の数も多く、新郎新婦の知人だけにとどまらず、両家両親の知人、地方の名士などを呼び集めました。
そして、新郎新婦のみならず、両家の親族がみな気を使い、招待客をいかに退屈させないか、どれだけ感動を生み出すか、に終始していました。
その為、新郎新婦は着飾り、「これぞ幸せな二人」という役柄を演じている様な感じがありました。
「こうあるべき」という背伸びをしたこれまでの結婚式に対して疑問を感じた現在のカップルたちは、こぞって「自然体でありたい」「自分達らしくありたい」と思うようになり、それが「ありのまま婚」という形で結実しました。

自分たちらしい「ありのまま婚」

新郎がバンド仲間と一緒にライブをする結婚式。
ドレスコードが「デニム」のカジュアル結婚式。
森の中の廃校で1泊2日かけて新郎新婦、招待客みんなで手作り結婚式。
新郎新婦の席がソファーで、招待客の席次もフリーな結婚式。
など、従来の型にはまらず、「ありのまま」の2人で過ごす結婚式、それが「ありのまま婚」といわれています。
反面、従来型の結婚式の形をとりながらも、自分達らしい演出や余興などに創意工夫を施し、ふたりの「ありのまま」を表現している方々もいらっしゃいます。
新郎新婦が、そして、その招待客たちが心地よい空間、時間を作るというコンセプトが最近のトレンドとなってきているようです。
少人数での結婚式も、この流れに乗って潮流を作っていると考えられます。


この記事をシェアする